Q&A(購入)

不動産のお取引には、聞きなれない言葉や内容が多く含まれます。
一戸建て・土地やマンションなど不動産のご購入に際して良くある質問
と回答をQ&Aにてご案内いたします(もちろんお問合せ大歓迎です)。

購入するために必要な諸費用は?

住宅購入や土地の購入には、自己資金や借入金融機関によって諸費用が異なってきますが、目安としては、売買価格の約6~10%前後です。
現金にて購入でも以下必要です。
○仲介手数料・・・上記参照
○登記費用・・・所有権移転登記費用
○印紙税・・・上記参照
○火災保険・・・一戸建てやマンション
○固定資産税・・・日割り清算
○管理費・修繕積立金・・・日割り清算(マンション)

住宅ローンにて購入では以下も必要です。
○ローン借入手数料・・・金融機関による
○ローン保証料・・・金融機関による
○団体信用生命保険・・・フラット35利用の場合別途必要

お住まいになった後に不動産取得税がかかる場合があります。
軽減措置もあります。
詳細は、群馬県の不動産取得税のページ参照。

自己資金(頭金)金はどれくらい必要?

必要な自己資金の計算方法としては以下の計算式となります。
必要な自己資金 = 売買代金 + 諸費用 - 住宅ローン
全て自己資金というお客様もいれば、全て住宅ローンでというお客様もいらっしゃいます。
物件購入以外にかかる諸費用は、お客様によっても借入先によっても異なります。
いろいろな費用がかかるので、詳細は弊社担当まで、ご相談ください。

マイホームの買換えをしたいのですが?

マイホームを売却し購入資金にされる場合、その売却代金から売却物件の借入金や、売却諸費用・仲介手数料などの費用を差し引き、新たな物件に、自己資金としていくら充当出来るかがポイントになります。
買い換えの自己資金 = 売却代金 - 借入残 - 諸費用
もちろん引っ越し費用など別途必要です。
※売却の際譲渡所得税がかかることもあります。
詳細は、国税庁のホームページ・・・譲渡所得のページ

家のローンが未だ残っていますが?

ローンが残っていても、買い換えはできます。
ローン残債・お住まいの査定額と自己資金などで買い換えの手段は色々ございます。
買い換えの場合、購入と売却を同時に行えるのが理想的ですが、非常に難しいと言えるでしょう。
家は売れたけれど次に住む家が見つからない、逆に家が売れないということを考えると・・・やはり難しいですよね。
そのようなお客様には、弊社の買取保証システムをおすすめします。
一定期間内に売却できない場合には、あらかじめ提示させていただいた価格で弊社が買取させていただくので、買換えもスムーズです。

重要事項説明とはどのようなものですか?

重要事項説明とは、不動産業者の宅地建物取引士が、契約が成立するまでの間に、売主・買主に対して売買物件や条件に関する一定の重要事項の説明をすることが義務付けられています。

売買契約とはどのようなものですか?

契約は、目的物件の特定、売買代金、支払い条件、所有権移転登記申請、引き渡しなどの契約内容に関して、お互いの権利や、義務を履行することに合意が成立したことを指します。
合意した内容を記載した書面・・・これが売買契約書です。
※難しく書いてますが、お互いの約束事を守るために契約書を取り交わします。

同じ物件が何社かの不動産会社で広告されているけど?

現在、物件情報は不動産業社専用のインターネット(不動産流通機構)等で全ての不動産業社が共有しています。
そのため、広告掲載の承諾を得た上で複数の不動産業社が同じ物件の広告を出しているのです。

セットバックとは何ですか?

建物を建築するには敷地が建築基準法上の道路に2m以上接している必要があります。
この敷地が接している道路の幅員が4m未満のときには原則として道路の中心線から2mの線まで敷地を後退させることが必要となります。
これをセットバックといい、セットバックした線が道路と敷地の境界線となります。
従ってセットバックした部分は道路とみなされることになります。

1坪とはどのくらいの大きさですか?

1坪というのはおよそ3.3㎡に相当します。畳2枚分の大きさが1坪です。
簡単に計算するには、㎡の数に0.3025を掛けると坪数になります。
例)100㎡×0.3025=30.25坪

駅などからの徒歩時間はどのように決めてますか?

一般的に、道路距離80メートルを1分として換算しています。